【40代・男性】ギックリ腰を何度も繰り返しているとヘルニアになる確率が高まる

 

ギックリ腰、いわゆる急性腰痛を繰り返している40代男性会社員の方が来院されました。

 

 

 

今回はくしゃみをきっかけに腰に激痛が走ったそうです。

 

 

 

ギックリ腰は急激に痛みが発生しますが、交通事故や、スポーツをしていて捻った、などの突発的な強い力が腰に加わったケースを除いては、原因は慢性的なことがほとんどです。

 

 

 

ギックリ腰は時間とともに症状は改善していくケースが多いですが、繰り返していると徐々に重症度が増していきます。

 

 

 

繰り返す=同じ部位(組織)に何度も傷がついている

 

 

 

ということですので、腰は弱っていきます。

 

 

 

弱っていくと重症の慢性腰痛疾患に移行していきます。

 

 

 

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・坐骨神経痛(足のしびれ)

など

 

 

 

聞きなれない疾患名もあるかもしれませんが、ひどいケースでは

 

・立っていても、座っていても痛い

・電車などで長時間立っていられない

・痛みで外出ができない

・痛みで寝たきりになる

 

など、要するに日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

 

 

 

つまり重要なことは、ギックリ腰になったら痛みの改善だけではなく、原因の改善が必要なのです。

 

 

 

腰痛持ちの方のチェックポイントとして重要なのは、「足の筋肉の柔らかさ」です。

 

 

 

立位で前屈をして床に手がつかない人は、要注意です。

 

 

 

今現在痛みのない人でも、高い確率で将来ヘルニアなどの重症疾患になる可能性があります。

 

 

 

したがって当院では、この前屈の柔軟性を上げるための効率的な「腰痛改善ストレッチ」を指導しています。

 

 

 

このストレッチは、腰痛予防はもちろん

 

 

 

足のむくみや冷え性にも効果的です!

 

 

 

多くの方がこのストレッチで慢性的な腰痛が改善しています。

 

 

 

ギックリ腰を繰り返しているという方は、二度と繰り返さないように足の筋肉を柔らかくしましょう。

 

 

 

羽毛田整骨院小伝馬町院は小伝馬町、馬喰町、神田岩本町、人形町を中心とした地域から、腰痛でお困りの方にご利用いただいております。

 

←スタッフブログ一覧へ戻る